発毛の方法

男性型脱毛症(AGA)の治療は、プロペシアの服用によって脱毛を抑える事がメインであり、大きな発毛効果は今のところ期待出来ません。治療は長期に及び、服用をやめると脱毛の症状が再発し、症状が進んでしまう事もあります。 所が最近注目されるハーグ療法は、初期コストが120万円前後とAGA外来の二倍以上かかり、一見高価に思われ敷居が高く思われがちですが、1クールの治療が終了するとその後発毛の効果が持続し、通院は年に1回から2回で済んでしまいます。 月に2回から3回の通院を何年も続けなければならない従来の投薬治療とハーグ療法を比べると、結果的に数百万円単位の差が付いてしまいます。 ハーグ療法は総合的な費用を大きく抑え、発毛効果も期待できる、まさに画期的な治療方法と言えるのではないでしょうか。

脱毛症の悩みは、今や女性にとっても深刻な物となっています。 しかし、従来使用されているプロペシアは、女性での安全性は確認されておらず、副作用の誘発が危惧され、仕様は禁止されています。 特に妊婦への影響は大きく、胎児(主に男児)の生殖器官の発達に異常を来すと言われています。 ハーグ療法はヒト由来の成長因子が使われるため、女性への効果が期待出来、プロペシアのような副作用はありません。アレルギー起因物質も確認されていないため、今後妊娠や出産を希望する女性にとっても嬉しい治療方法です。 また、プロペシアの効果は否定出来ませんが、男性でも肝機能障害、不妊症などの副作用がありますので、今のところ副作用の報告がないハーグ療法は、ごく安全な治療方法と言えます。